サポーターの使用について

query_builder 2021/07/31
スタッフの独り言

予防としてコルセット・サポーターをずっとつけてしまう人がいます。

痛みがあるうちは、その痛みの出る動作を制限してくれたり、筋肉を休ませてくれたりと利点があります。それは安静につながり負担を軽減してくれます。

ですが、痛みが引いても尚また痛くなるのが怖い・また捻ってしまうかも・・などの理由からずっとコルセット・サポーターをつけてしまうことはかえってその筋肉を弱くさせてしまったり、足首だと筋反射能力が落ちてしまったりずっとつけていることが欠点となることもあります。


痛みが引いたら、サポーターを外しリハビリを行うことにより、弱まった筋力、筋反射能力の向上を行いケガをする前より元気な状態に持っていきましょう。


サポーターをするなということではなく、うまく使うことにより筋力向上の助けにもなりますので、親族や友人にずっとつけている人がいたら、教えてあげてください。


当院では外傷の治療から、その後のリハビリまで誠心誠意治療を行います。


NEW

  • 腰痛について

    query_builder 2021/08/23
  • 寝違え(急性) 2

    query_builder 2021/08/19
  • 寝違え(急性)

    query_builder 2021/08/17
  • サポーターの使用について

    query_builder 2021/07/31
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)

    query_builder 2021/07/31

CATEGORY

ARCHIVE