寝違え(急性)

query_builder 2021/08/17
急性外傷(スポーツ障害)

寝違え

皆さん一度は体験したことはないでしょうか?

軽度のものから重度のものまであります。


この寝違えは検査や画像では、判断がつかないのが一般的で正確な原因があると言う証拠はないと言われています。


・睡眠中の長時間の不良姿勢によって一時的に阻血状態となり発生する痛み


・前日などに普段やらないようなスポーツ、運動をしてしまい一部の筋肉が痙攣状態となって発生する痛み


・頚椎の関節での炎症が引き起こされて起こる痛み


このように様々な原因があります。


痙攣や阻血が起こるのは前日の作業・スポーツでの使い過ぎ(over use)により引き起こすことが多いです。


長時間の同じ姿勢が続いてしまうのには、これも前日にお酒を飲んだ・疲労の蓄積、また布団や枕が柔らかすぎるものを使用していると、頭部・身体が沈んでしまい充分な寝返りが打てなくなることが原因に挙げられます。


通常は数日経てば徐々に痛みが引いてきます。

ですがヘルニアや関節リウマチ、腫瘍などの恐れもあるため治りが遅いなどの場合は一度診てもらうのがいいでしょう。

3日経っても痛みに変化がない場合は、当院へご相談ください。

NEW

  • 腰痛について

    query_builder 2021/08/23
  • 寝違え(急性) 2

    query_builder 2021/08/19
  • 寝違え(急性)

    query_builder 2021/08/17
  • サポーターの使用について

    query_builder 2021/07/31
  • 急性腰痛(ぎっくり腰)

    query_builder 2021/07/31

CATEGORY

ARCHIVE